ブログ投稿1 / 29-2 / 2

Driscoll-人文科学 

今週はとてもエキサイティングでした! クラスを切り替えたところ、第3四半期にガリオン夫人とサンギノ夫人の担任が私とテム夫人のところにやって来ます。 事実と意見の違いを確認し、トピックと主要なアイデアを確認して、着実に動き始めました。 生徒たちはチョコレートミルクを学校で提供すべきかどうかについてのXNUMXつの異なる記事を読み始め、著者によって提示された賛否両論だけでなく、事実と意見を特定し始めました。 彼らはまた、彼らの発見を記録するためにTチャートを作成し始めました。 生徒たちはまた、ライティングの耐久性を高めるための楽しいライティングのウォームアップである「powerwrites」と、編集と文法のスキルを練習する方法である「dailyedit」を紹介されました。 学生はルーツマンド/メンドを学び、彼らの定義をメモするためのフレイアーモデルを作成し、ギリシャの地理がその定住にどのように影響したかを調査しました。

Tem-STEM

今週はとてもエキサイティングでした! 第XNUMX四半期はすばらしいスタートを切りました。 私たちは地面を走り、すでにジオメトリユニットの基本から始めています。 これまで、素数と合成数の定義、および数値が素数か合成かをテストする方法について説明しました。 サイエンスでは、物質の探索を開始し、物質の各状態の異なる特性(体積、形状、および粒子の動き方)を具体的に調べました。 また、物理的および化学的変化など、物質内の変化の調査も開始しました。 今週は素晴らしい週でした!

 

カサレンゴ-人文科学

第三四半期へようこそ! 今週の人文科学では、お互い、私たちの新しい環境、そしてルーティンについて知りました。 生徒は、読書グループの責任(RGR)のために読み、対応したい本を選びました。 また、カナン、クシュ、エジプトの古代文明を探検し始めました。 書面で、言語とその使用方法についての素晴らしい議論につながるデイリー編集を評価しました。 子供にRGRにどの本を選んだか尋ねます。 素晴らしい週末を!

ウォーカー-ステム

こんにちは新しい親! 私の名前はアドリオンウォーカーさんです。 私は、テムさんとドリスコルさんの担任の生徒の第3四半期のSTEM(科学と数学)の教師です。 カサレンゴ夫人は、人文科学(読書、執筆、社会科)の私のチームパートナーです。 私の研究単位は、すべての分数と地球科学(地殻以下)です。 科学では、学生は地球の層に関連する活動に従事しています。 地球の層のフリップチャートを作成し始めました。 このアクティビティはほぼ完了しており、来週から重要な詳細のラベル付けと一覧表示を開始します。 来週もユニットプロジェクトに取り組み始めます。 学生は楽しく魅力的な科学ビデオを作成します(ビルナイザサイエンスガイのように)。 プロジェクトは、四半期の終わりに保護者が見ることができるようになります。 学習展示のプレゼンテーションへの招待状を探してください。 数学では、学生はモデルがある場合とない場合の同等の分数について学び始めました。 今週は、小数モデルと分数モデルを作成して比較しました。 来週、生徒はスライドショーや教育用ビデオの作成を開始し、他の生徒が同等の分数をより深く理解できるように支援します。 あなたが私に連絡する必要があるならば、adrion.walker @で私に電子メールを送ってくださいapsバージニア州

 

Sanguino-人文科学

カサレンゴ夫人とウォーカー夫人のクラスへようこそ! 今週は一緒に私たちの最初の週であり、学生はうまく移行しました。 生徒たちは毎日の編集を完了し、アレルギーに関する記事を読み、読み上げを聞き、要約を書きました。 学生はまた、社会科の最初の章を始めたときに、新しいルーツ、つまり単語の部分について学びました。 社会科では、過去を調査するXNUMX人の社会科学者(考古学者、歴史家、地理学者)について学び始めました。 一緒に素晴らしい四半期を楽しみにしています! ご質問やご不明な点がございましたら、kelly.sanguino @までお気軽にメールでお問い合わせください。apsva.us。 良い週末を!

ガリオン-STEM

第10四半期への素晴らしいスタートです! 学生は小数から始めて興奮しています! 今週は、場所の価値を揺るがしました。 学生は、数値にXNUMXの累乗を掛けるように努力しており、数値のXNUMX桁が他の桁の何倍かを認識しています。 小数位の値が導入され、学生は小数を標準、書面、および拡張形式で表すことで週を締めくくっています。 科学では、細胞について話し始めました。 学生たちは植物や動物の細胞を構成する細胞小器官を調査しており、実際の細胞を顕微鏡で見る機会を得ました。 良い週末を!